<< KinKiと楽しい妄想バトン | main | 10cmバトン >>

妄想電車バトン

2007.01.07 Sunday
0
    「妄想電車バトン」ですって電車

    ほっほー。
    隣に座ってる人が○○さんだと想定してやるバトンなわけね。

    くるみ★つん、毎度ありがとう(笑)

    やりますよー。
    妄想電車バトン
    指定:もちろん岡田准一


    001:電車待ちの列に岡田准一を発見!どうしますか?
    普段電車に乗らないんでねぇ…
    だいたい電車待ちしてるときに私はきょろきょろするタイプじゃない。
    まぁーここは妄想ですから?見つけましょう岡田さんを(笑)
    きっと目深に帽子かぶってるんだろうな。そりゃすんごい見るよ。もぉー見れるだけで幸せじゃないか!!!

    002:岡田准一が隣りの席に!どうしますか?
    隣って微妙だよなぁー。真横はいくらなんでも見れないじゃん?
    できれば斜め前くらいがいいなー。
    どうするもなにもどーもできなくないかい?
    精一杯の努力で岡田准一の手とか靴とか見る(笑)


    003:岡田准一が眠ってしまいました。どうしますか?
    寝そうにないけどなぁ・・・
    目を閉じてるだけかもという理由からやっぱり精一杯でチラ見(笑)

    004:爆睡中の岡田准一。突然あなたに寄り掛かってきました!!どうしますか?
    寄りかかり具合による。
    私の肩がしびれるまではかしてあげますが、しびれたら声をかけさせてもらいます。
    「すいませんが、手がしびれてきたので起きてもらえませんか?」って。それでも起きないようならば、顔をつんつんさせていただきます(笑)


    005:もうすぐあなたの降りる駅。まだ岡田准一は眠っています。どうしますか?
    ううむ。
    用事がなければかしつづけてあげますとも。
    でもそれが新幹線ならば話は別。その日に帰ってこれないようなら降ります。
    かなり現実的に考えてみた。

    006:終着駅に到着しても起きない岡田准一。どうしますか?
    鼻つまんで起こします。

    007:やっとお目覚めの岡田准一。ちょっと寝ぼけている様子。どうしますか?
    何もしない。
    そのかわいい寝ぼけ具合を見てます。たぶんすんごい見てます(笑)

    008:平謝りの岡田准一。お詫びになんでもしてくれるって!どうしますか?
    酒豪の会を開いてもらう。
    ここぞとばかりにお願い。男前を見ながらの酒三昧。

    009:もうすぐ岡田准一とお別れです。最後に岡田准一に一言。
    「体に気をつけてこれからもいろんな顔見せてください。お仕事楽しんでください。大好きです。」
    一言じゃないね(笑)

    010:誰に渡す?
    ナナっち、ワカさん、三宅さんと電車妄想しちゃってくださいませね。


    コメント
    電車で遭遇するなんて、リアル過ぎて面白いね
    あれもしたいコレも言いたい…と思いつつ
    何もできずに、ただ見てるだけ…ってことになっちゃいそうだよね
    かぐいろさんからもらってるバトン、今からやります!
    妄想電車バトンもしっかり受け取りましたー
    • ワカ
    • 2007/01/08 3:09 PM
    ワカさん>
    バトンまわしまくっちゃってますがよいですか?
    楽しく妄想できるものばかりなので健ちゃんでどうかやってくださいませ♪
    健ちゃんだと普通に何か話しかけてきそうな感じがしますけどねぇー私は。
    あとで見に行きます!
    • かぐいろ
    • 2007/01/08 10:31 PM
    コメントする









    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
    BlogPet
    もじパーツ
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    2008JUGEMキャラコングランプリ
    キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」