<< ねよ | main | ひまわり >>

耳が爆発しそうです・・・もう爆発後なのかも。

2009.05.30 Saturday
0
    評価:
    ドラマ,井上和彦,櫻井孝宏,遊佐浩二,宮野真守
    コメント:ダミーヘッドマイクって凄いなっ!!!

    マニアックなCDご紹介。5月27日発売のオタクCD。

    エロい香りがする朗読CDです。

    「官能昔話」とは?

    誰でも一度は聞いたことのある、昔話… その昔話を官能的な表現に着せ替え、人気男子声優陣による美声で朗読してもらうという100%女子の為のCDです。 台詞の要所要所を、立体音響効果のある3Dダミーヘッドマイクを使用致します。  まるで耳元で囁いているかのような感覚を味わえます。 是非、ヘッドフォン、もしくはイヤフォンでお楽しみ下さい!
    「子供には聴かせられない・・・大人の為の昔話」

    というこのCD・・・これは2なのよ。1は聴いてません。1は日本昔話だったような。
    今回は「アンデルセン童話」です。

    どんな官能世界なのか・・・すんごい期待してみたけれど・・・
    いや、全然かわいいものでした。←どんだけのエロを想像してんだ

    ジャケのカズキヨネさんの絵が好きだし、櫻井さんの「人魚姫」(アンデルセン童話で一番好きなお話)が聴きたいという理由で買ったわけです。

    ところどころ3Dダミーヘッドマイク収録なわけですが・・・
    聴いててすぐわかります。すごいです。耳が爆発しそうです。
    声優の美声でものすごく美しいセリフを耳元でささやかれるわけですから!
    いやぁー初体験でしたわぁー




    「人魚姫」ストーリーテラー櫻井孝弘

    「マッチ売りの少女」ストーリーテラー遊佐浩二

    「雪の女王」ストーリーテラー宮野真守

    「裸の王様」ストーリーテラー井上和彦・櫻井孝弘・遊佐浩二・宮野真守




    もっとも耳が爆発しそうだったのは「雪の女王」ですけど、もっとも爆笑したのは「裸の王様」でした。
    「雪の女王」宮野さん・・・7役?すげぇー。王子の声がヤバい。後半の冷たいカイの声はもっとヤバい。「僕の言う通りにしてくれたら・・・」あたりから耳が爆発します。
    『桜蘭高校ホスト部』の須王環役、『DEATH NOTE』の夜神月役しかしらないから、エロい声にびっくりしちゃったよ。25歳であの表現力・・・すごい子だ。
    「裸の王様」はギャグかと。ダミーヘッドマイクの使い方がある意味贅沢(笑)
    「マッチ売りの少女」は聴き方をエロのほうへ偏らせればすべてエロに聴こえます(笑)
    大好きな「人魚姫」は・・・櫻井さんのせいで切なさが倍増。泣きそうだったじゃないか!
    あぁ、ほんと人魚姫の話は美しすぎる。清川 あさみさんの「人魚姫」絵本も欲しい。



    声の表現力の凄さを思い知ったCDでございました。




    次回は「怪談」ですって。
    井上和彦/保志総一朗/下野 紘/小山力也ですって。
    このメンバーだと下野さんが好きです。
     「決して一人では聴かないでください」って注意書きがあるっ!!!うわーもう絶対一人で聴くー!!!どんくらい怖いか楽しみだー!!!
    牡丹灯籠とか皿屋敷とか四谷怪談とかかしら?




    リクエストハガキがついてたので・・・
    イギリスの作家H・R・ウェイクフィールドの「ゴーストハント」を書きました。
    全編語り口調のこの話をぜひお一人で朗読していただきたい。
    あの怒涛の恐怖をどんな風に表現するのか聴いてみたい。恐怖と悦楽に浸りきってるような高笑いをぜひ聴きたい。



    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    BlogPet
    もじパーツ
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    2008JUGEMキャラコングランプリ
    キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」